非鉄金属の買取相場:スクラップ(非鉄金属)買取り価格情報

Home > 取扱相場

非鉄金属の取扱相場

相場と素材

ここは非鉄金属について、種類・買取情報・リサイクルなどについてお話するウェブサイトです

■ 非鉄金属は用途で変わる

「鉄類」と「非鉄金属」が分類されているのは非鉄金属とはにも書きました。その非鉄金属にもにも種類があって、それぞれの種類なかではさらに細分化が進んでます。「アルミニウム」と呼ばれる金属には純粋なアルミは希少で、大部分は用途別に合金された素材です。

 買取業者の苦悩

材質区分けしてるということは、物によって再利用できないことがあったりしますり。業者の事情で売れないものは買いません。必ず売れるものだけを買い取るのが、スクラップ商売ということです。

たいていの場合、その会社には取引先があります。日常品を扱うコンビニで大型冷蔵庫を販売していても、勝手行く人はいないでしょう。売り先が買取拒否するものを引き取っても、邪魔になるだけです。

とはいえ袋ごと大量に買い取った中に売れない鉄類が混じっていることも多々あるようです。その場合は、敷地の隅に邪魔になっているか、鉄を集めてるてる別会社に無料で引き取ってもらうことになります。そういう伝手がない業者は、お金を払ってゴミ処分してます。

また、貴金属専門業者は、解体したアルミサッシを買い取りません。逆に、非鉄金属スクラップ業者に金のネックレスを持ち込んでも価格判定が難しいので引き取りは二束三文です。

なんでもかんでも引き取っているように見えて、そこには業者間の住み分けがなされており、買い取る品は限定されているということです。「スクラップ」「非鉄金属」を勘違いしている人が多々いるようですが、少しでも高く買い取ってもらういたいなら、その業者がメインに扱う価値ある金属を持ち込む必用があります。

 一般的なリサイクル非鉄金属

素材によって価格が違うということは、買い取ってもらえそうもない代物が、実は高額だったりケースもあります。物置から出てきたゴミが、実は高額買取の対象になってるかもしれません。会社によって売り捌けない物品がありますが、お金を払って捨ててしまう前に、買取り業者を探して電話相談をしてみるとよいでょう。量によっては引き取りに出向いてくれるかもしれません。一般的には、以下のような金属・物品を買い取ります。

 銅・雑電線 ステンレス アルミ 鉛・亜鉛 錫 ニッケル
 バッテリー モーター関連 コイン・メダル ラジエーター
 給湯器・鉄・雑品等
 パソコン関連 基板 触媒
 超硬(タングステン) 銀
 その他金属

廃パソコンなどは、リサイクル料金の高い物とされてますが、中古PC販売店で高く取ってくれることもあります。基盤やCPUを集めてバラバラに持っていけば、意外な価格手買ってくれる業者もあります。

給湯器などは解体して持ち込めばお金になりますが、解体が面倒だったり別の処分ゴミが発生します。家庭用ガス給湯器などは製品によっては鉄とステンレスが混じっており、解体に手間がかかります。それこそ業者に左右され、買取どころか、無料引取り、最悪、処分費用を請求される可能性もあります。なかなか判断が難しいところですね。

 買取相場

具体的な買取相場は、市場原理で上下動してます。金や銀が売買されるように、銅やアルミも国際市場で売買されており、一般の買取り価格もその影響を受けます。たとえば、中国が好景気で沸いた数年間は、鉄だけでなく全ての金属が高騰してます。

ちなみに20173月20現在、被服を剥いたきれいな銅線の場合で 670円/キロ で引き取ると業者がいます。高いとも安いとも言えないところです。

■ 24時間 胴相場
画像